気づいた時にはシロアリ対策

加害

日本の家屋に多く存在しているのが、シロアリですね。
シロアリは、百害あって一利なしというように、日本ではシロアリ被害が数多くあります。また、シロアリ対策をする業者も数多く存在していますので、賢い消費者になってシロアリ対策をして行きましょう!

まず、シロアリ対策をしてもどんなものが被害にあっているのか?
シロアリは雑食性で、加害力の強烈な昆虫と認識されています。木柱、まくら木、木柵などの木材のほか、生きた樹木や農作物、無機物であるプラスチック、ゴム類、繊維類、皮製品をも加害します。
加えて、ネコやネズミなどの動物の死骸、墓地や納骨堂の人骨まで侵す場合もあります。さらに、コンクリートや金属の柔らかい鉛や薄板なども加害してしまいます。

新建材の被害も著しく、プラスチックや合成ゴムなどがそれに当たります。特に、発泡スチロールや発泡ウレタン系の断熱材は木材よりも好んで加害されてしまいます。
鉄筋コンクリートやブロック建築物でも、シロアリはひとたび侵入すると、内部の木材や家具なども食い散らかしてしまします。

比較的柔らかい金属である、鉛や薄板もシロアリの被害に合います。
時にはレンガやコンクリートにも穴を開けるほどで、割れ目を広げたりと、シロアリ対策は必要不可欠になってきます。

what's new

2013/04/27
土壌を更新。
2013/04/27
確認方法を更新。
2013/04/27
防腐処理を更新。
2013/04/27
死滅を更新。
2013/04/27
トップページを更新。